HOME> > インプラント

インプラント

こんな症状ありませんか?インプラントについて理解してからの治療をおすすめします

  • インプラントについて教えてほしい
  • インプラントって安全なの?
  • 歯が無くなった部分をなんとかしたい

インプラントについて

インプラントとは歯が失われた部位に体に害のないチタン製の人工歯根を埋め、その上にかぶせ物を入れる治療法です。
歯科治療には、歯を失ったときに限らず数多くの治療法があります。そして、特に歯を失ったときの選択は、その後の生活の質を大きく左右します。
通常、歯を失ったときには『入れ歯』『ブリッジ』『インプラント』の3つの治療法があります。しかし一般の方はそれぞれの治療法について、全くといっていいほど知識がありません。なぜなら、ほとんどの方が『まさか自分が歯を失うとは思わなかった』とおっしゃるように、歯を失ったときの治療について勉強している人はいないからです。
『歯科医院で治療を受けているが年とともに歯が減ってきた』と、よく耳にすることがあります。
『入れ歯』『ブリッジ』は残った歯を支えにして歯を作ります。少ない歯で大きな入れ歯を支えることは無理があると思いませんか?実はこの『入れ歯の設計』そのものが、後になって歯をたくさん残せるかどうかに関係しているのです。残った歯で支える入れ歯は、もし支えの歯が壊れてしまったら、全部やり直さなければいけないという不安も抱えているのです。
壊れないようにやわらかいものだけを食べていては、充実した食生活を送ることはできません。
よくかめるのはもちろんのこと、強い歯根に支えられた丈夫な歯である、という安心感がインプラントの魅力です。

インプラントの定期検診

インプラントの歯を長く使うためには定期的なメンテナンスが欠かせません。
インプラント、かぶせ物は人工のものですが、歯ぐきは自分の身体の一部です。定期健診では、人工の部分と、歯ぐきの部分の状態を、歯科医院全体でチェックしています。通常、インプラントは残った歯を守るために強いかみ合わせを受け止めるように調整されています。
そのためかぶせ物に負担がかかり、かぶせ物がゆるんだり、欠けたりします。自動車のボンネットを開いてエンジンをチェックするように、かぶせ物の中身を点検し、元の位置に戻すチェックを行っています。
また、ぶつけてへこんでしまった自動車のパテ埋めをするように、欠けたかぶせ物の一部を埋め直しをして元通りにしていきます。
加齢現象やブラッシングの行き届かない場所では、歯ぐきが下がったり汚れがたまります。汚れのたまった場所はクリーニングをして、引き締まった歯ぐきを取り戻すお手伝いをします。歯ぐきが下がったところは、かぶせ物を作り直して磨きやすくします。
インプラントは『入れ歯』『ブリッジ』とは違って、ある日突然。大破するというリスクがありません。
小さな破損が生じても、早期発見し、そのつど点検、修理することで長く使えるのです。高度先進医療に該当し、非常に精密な生体材料ではありますがメンテナンスは欠かせません。
定期健診を受けて、健康で安心な食生活ができるようにしましょう。

治療した患者様の声

このページのトップへ